April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

建築行政に関するニュースについて

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150206-00000510-fsi-bus_all
こんなニュースありましたね。

 日本は海外に比べて新築が多いのは昔からだし、木造住宅が多い日本とそうではない海外との比較では文化が違うって言う事もある。

 そもそも建築分野でのCO2排出削減の面からも、中古を活用したいという方向になったと思われますが、中古住宅の流通のためは、空き家になる建物が再利用に耐えられるかどうかが大事だと思います。

 大量に建築されてきた時代とは要求される質も違い生活様式の変化もあるため、ストック活用の域まで行っていないという現実があると思います。費用の面で見たって、比較の上、結局は建て替えになる事が多いのです。対して、木材利用の推進事業という事もありますよね。
 でも、安ければ良いという考えで行くと同じ繰り返しとなると思われるし、施工者の技術力や知識も向上しなければならない。

 記事にある様に、中古向けの施策がもっと充実すれば活用される気もします。ただ、単なるエコ改修や、耐震改修へのポイント程度ではあまりメリットがないですよね。
 逆に、大規模リフォームともなると、断熱材や窓だけではなく一部構造、設備、電気も同時に更新することになるので、もはや骨組み以外は新築同様の工事が必要になる。そうなると当然建て替えの選択肢が出て来てもおかしくない。歴史的や、街並みを形成する上で残して再利用すべきと言う施策なら、拘束力もあるかも知れない。しかし一般的な住宅レベルでそこまでのどのくらいあるのだろうか。 やはり大量建設されてきた建物は更新されても仕方ないと思う部分もある。


 
JUGEMテーマ:ビジネス

comments

   

trackback

pagetop