May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

住宅エコポイント

Xmasイブの昨日、エコポイント住宅版の概要が更新され発表になりました。

ちょっとしたリフォームも対象に出来そうです。
私たちもこれから、この制度の勉強会があるようですので、いつでも質問受けられるようにしたいと思っています。

以下が発表内容のまとめ
 

エコポイントの発行対象

 

・ エコ住宅の新築については、「明日の安心と成長のための緊急経済対策」の閣議決定以降(平成21年12月8日以降)に建築着工(根切り工事又は基礎杭打ち工事の着手)したもの

・ エコリフォームについては、平成22年1月1日以降に工事に着手(ポイント対象工事を含む工事全体の着手)したもの


 

● 平成22年12月31日までにエコ住宅の建築着工又はエコリフォームの工事に着手したものを対象とし、エコポイントの申請期限については、今後公表します。

● 上記申請期限の前に発行予定ポイントまで発行した場合は、上記によらずポイント発行を終了します。

 

● 持家・借家、一戸建ての住宅・共同住宅等の別によらず、対象とします。

● 他に国からの補助を受けている住宅については、原則としてエコポイントの申請をすることはできません。

※ ただし、高効率給湯器や太陽光発電設備等に対する補助のようにポイント発生の対象となっていないものへの補助は重複して申請することができます。

● ポイントが発行された住宅であっても、要件を満たせば税制特例や融資の優遇を受けることができます。


  (1) エコリフォーム

 a) 窓の断熱改修

ポイントは、窓ごとに発行されます。

・ガラス交換 : 既存窓を利用して、ガラスを複層ガラスに交換

・内窓の新設 : 既存窓の内側に、新たに窓を新設

・窓交換   : 既存窓を取り除き、新たな窓に交換

       

    b) 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

 c) バリアフリー改修



 

(2) エコ住宅の新築

 

a) 省エネ法に基づくトップランナー基準相当の住宅


トップランナー基準で求める水準は、省エネ判断基準を満たす外壁、窓等を有する住宅に、平成20年時点での一般的な設備を備えた場合のエネルギー消費量と比べ、概ね10%の削減に相当し、例えば、

(1)  省エネ判断基準を満たす外壁、窓等と高効率給湯設備(併せて節湯器具を設置)

(2)  省エネ判断基準を満たす外壁、窓等と熱交換型換気設備や高効率空気調和設備

(3)  省エネ判断基準を満たす外壁、窓等と太陽光発電設備

(4)  省エネ判断基準を超える高い断熱性能を有する外壁、窓等

を備えた住宅を想定

 

b) 省エネ基準を満たす木造住宅

省エネ判断基準を満たす外壁、窓等を有する木造住宅を対象とします。

ポイントの申請には、上記基準に適合することについて登録住宅性能評価機関等の第三者機関による証明を受ける必要があります。

 



 エコポイントは次のような物に交換出来ます

 

a) 省エネ・環境配慮に優れた商品

b) 全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄付を行うなど環境配慮型のもの、公共交通機関利用カード)

c) 地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品)

d) 環境寄附

発行されるポイント数も大きくなることから、さらに交換対象を多様化する予定のようです。

 

 公表された概要の詳細は国土交通省HPで確認できます。

comments

   

trackback

pagetop