September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

建築士賠償責任補償制度

最近はいろいろと厳しい世の中。
 10月からの引渡しとなる住宅は、瑕疵担保保険が義務ですし、完成保証とか出来高払いなんて言う言葉も当たり前に耳にします。真面目に仕事していても資格や信用がなければ仕事に結びにくい時代です。

これも安心で安全な住宅を得るための事。当然のながれなのでしょう。

 私も自宅建築の時は設計はもちろん材料選びから細かい事まで気にしてました。妥協する部分、こだわる部分、その辺をじっくり納得して今ここで暮らしています。とても満足です。保険や保証の話は特にありませんでしたけど・・・。
 何はともあれ、うまくいった場合は問題ありませんが、万が一って事も想定する必要があります。


設計事務所としても口ばかりではなく、万が一の何か保険が欲しいですよね。
 そうです設計事務所の保険ってあるんです。

 自信を持って提案した事にも関らず、意に反して不幸にも怪我の原因となってしまったなんてことも・・・・。そんな時「ごめんなさい」だけではなくしっかり補償することも社会的責任の一つですから。

 その保険は、建築士や建築設計事務所が、設計・監理業務のミスでいろいろな事故が起きた場合
に支払われるもの。もちろんアトリエdoorも加入していますが、使わずに済んだ方がいいに決まってます。

 保険が設計の内容を保証してくれるわけではありませんが、実務に於いてのセーフティーネットと言うか、後ろ盾になっています。

 それもそうだけど、自分の怪我や病気の保険もしっかり入ってないとね。

comments

   

trackback

pagetop