November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

工事監理者って何。

 設計事務所を運営していると、お客様からの質問として設計監理とは何かを聞かれることがあります。特に監理の方。
 何度説明しても、管理と監理の違いを分かってもらえないことが多く、費用の面でも理解して頂けないことが、稀ですがあります。工事関係者でも同じ感じです。
 少しでもわかって頂きたいと思いまして、また書いてみる事にしました。
 
まずは、「現場管理」 と 「工事監理」 、役割と立場が全く違うものです。

 現場管理とは簡単に言うと、工事を請け負った建設会社が工事を段取り良く施工するために現場を管理する事。

 工事監理とは、建設会社が設計通りの施工をしているか、適切な材料を使っているかなどを確認したり、また場合によって変更が必要な時などには協議をしたりする役割。



 一般的に建築工事現場では、職人さんが工種により日々入れ替わりますし、それを管理する現場の代表者が必要。それが現場管理者。工事現場を代表して誰かが現場管理人となります。現場代理人と呼んだりもします。この人は工事監理者ではありません。
 設計と施工を1社で行う会社のなかには、実質上、現場管理者が監理の役割もやっているかも知れないですが、多分確認申請書の書類上は違うはずです。書類を見ると分ります。
多分そういう建設会社の場合は、標準的な仕様があらかじめ決まっていたりしますので、特にそれでも問題は無いのだと思います。



例えば、ざっくりと 一つの仕事の流れで言うと


 
建設会社が、ある工種の施工の段取りを始める。
 ↓
現場管理者は、工程を考えて資材を発注したり、施工手順を考えて現場の職人に指示を出したいが、本当にその考えでよいか最終確認をしなければならない。
 ↓
施工に関する資料を作成し、工事監理者(設計者)に承認をもらって施工にはいる。
 ↓
工事監理者は設計内容に沿っているか判断しその結果を現場管理者へ連絡
 ↓
承認後工事に入る


 このような流れとなっているので、工事現場の代理人が、工事監理を兼務することは難しいと思うのです。
 兼務した場合、サンプルについては設計者を通さずお客様に直接確認し、現場では考えた施工方法を自分で承認するのですから判断はとても早いです。でも、もし設計意図と違っていたら気づくのが確実に遅くなりますね。その上、現場の工程簡略化や材料、職人さん手配の事に気を取られ、設計意図や、仕上げの雰囲気を汲んで頂けない事もあるでしょう。
 こういう事が無いようにするためにも設計者による工事監理は必要不可欠と私は思っています。
 もちろん、きっちりとその役割をこなしている建設会社さんもありますよ。ただ本来の立場や役割はこうですと言いたいだけなので、すみません。



 完成見学会を時々行いますが、そこには建築を考えている人だけではなく様々な人が訪れます。たまに出会いますが、話をしていて驚くこともあります。
 安くしたいあまりに間取りくらい自分で出来るので、自分で線を引いたという人とか、工事監理は無でいい、 なんて言っちゃう一般の人だって居りますから。でも、デッキのDIYでは済まない話なんです。人が住むので人命に関わりますから。
 こういう時は、頼まれた請負会社では設計料サービスという事で構造チェックしたりしている事でしょう。
 多分、いつかどこか見えない部分でしわ寄せがあるのではないでしょうか。


 


 監理の仕事--抜粋(住宅の場合)

1.基礎、躯体工事の確認
 鉄筋コンクリートで基礎をつくり、骨組みや主要構造部を建築する、住まいの品質の要となる工程において、図面と仕様表と照らし合わせながら、主要箇所ごとに専門的なチェックを行います。
 ・地盤確認
 ・基礎鉄筋の検査
 ・コンクリートの品質、強度の確認
 ・アンカーボルトの位置確認
 ・柱、梁などの材質確認、使用金物の確認
 ・行政への工事報告
 ・各種検査確認事項の建主の方への報告

2.検査への立ち会い
 地方公共団体によっては、一定の建物について法令に適合しているかどうかの中間検査が義務づけられていることがあります。(3階建ての場合、屋根工事完了時。木造3階建ての場合、外装工事完了時)。その場合に、申請書を作成し、現場にて立ち会います。

3.仕上げ工事、設備工事の確認
 外装の防水性能の確認をはじめ、次のような主要箇所ごとにチェックを行ないます。
 ・筋かい、間柱、床下地の確認
 ・防腐処理や、断熱材の確認
 ・屋根仕上げ、外壁仕上げの確認
 ・外部開口部(サッシ)の確認
 ・内部下地ボードの確認(厚み、耐火、耐水)
 ・設備配管、電気配線、配管の確認

4.工事状況の報告
 設計どおりに工事が行なわれているかどうか、施工者に指示または助言した内容について建主の方に適宜ご報告します。

5.内装確認
 床仕上げ材や壁仕上げ材などについて、建主の方にカタログやサンプルを提示し、最終確認したり、設備機器や照明器具、家具などを決めていただくための打ち合わせをしたりします。


※工事完了の際、工事完了検査申請書には、工事監理者によるチェックをしたことを証明する部分に印鑑を押す事になっています。
 アトリエdoorでは、各種検査に加え、工事期間中は、定期的に現場へ行き確認する事にしています。

設計事務所のお仕事

設計事務所、建築士 ってどういう仕事?

資格があれば報酬をもらって設計できるのか?

工事監理って何をするのか?

・・・etc

建築士制度普及協会と言うところで分かりやすくHPがありましたので紹介します。
大まかにいうとこのサイトの説明通り、結構参考になると思います。



アトリエdoorの業務スタイル

アトリエdoorは住宅を主に設計監理の仕事をしています。
事務所は小さく、広告も大きく出せません。したがって、なかなか、家を建てたいとお考えの皆さんとの接点(出会い)を見つけるのが難しいことです。そのなかで、住宅をどう提案していくか・・・。私は住宅設計の方式として次の2つのスタイルを取っています。

1.設計事務所元請
 アトリエdoorに直接ご依頼頂き、お客様と共にじっくり設計を進め、一緒に工務店さんを決定して、建築する方式。

2.地元工務店とのコラボ
 地元工務店さんと我々設計事務所が組んで「デザイン+技術+素材」を解りやすく提案。お客様から、工務店さんに建築依頼があったとき、我々が工務店の設計者としてお会いして、ヒアリングやプレゼンを行い設計をする方式。建築はその工務店となります。


 いずれの方式にせよ、大手メーカー様のようにすばやい営業は苦手としておりまして、電話営業や訪問等は行いません。見学会の際にはゲストブックに記入頂いておりますが、イベント等のお知らせのみに使っています。
 その後は、お客様からのアプローチがあってはじめて動き出すような次第です。
 もう少し積極的に行ってもいいのかな?なんて思いますが、人員が少ない事もありなかなか難しいところです。
 

まだ建てるわけではないですが・・・


Q まだ、家を建てるわけではないですが、現在いろいろと情報収集しています。相談は可能ですか?

A もちろん、小さなことから御相談ください。すぐに建てるわけでなくても長いスパンで計画していくのも重要です。楽しい

設計事務所は何してる?

建築設計事務所は何をしているの?と思う人は多いと思います。

あまり一般の人とは接点がありませんので、実際そのような感想をもたれても不思議ではありません。今回は、簡単に設計事務所のことを書いてみます。
 業務としては主に次のようなものがあります。もちろん、事務所によってはやっていない事もあるかと思います。

企  画 土地の有効活用のため、どんなことが出来るか提案する業務

詳細設計 お客様の望んだ建物を建築基準法に照らし合わせ、また、構造的にも安全なように、建物の設計図を作成する業務。

工事監理 工事が設計通りかチェックし建て主に報告する業務。第三者工事監理というものもあります。

積  算 設計に基づき材料の数量を拾い出し、工事費を算出する。

定期報告 既に立っている建物の安全性などをチェックし報告する。    
     
構造計算 建築物が、構造的に安全であるかチェックし、必要な構造体になるように計算する業務。

模型作成 建築物の完成予想模型の作成。
     検討用模型も作成する場合あり。

パース作成 完成予想図をCGなどで作成する。

 他にも、設計事務所でやっていることは沢山あります。事務的にパッパとこなせる仕事が少ないのが特徴です。
 1物件、1物件が個別のプロジェクトであり、そして地道な仕事ではありますが、建築工事に当たってはとても重要な部分であります。
 近年では、コスト削減等のため目に見えない業務に対しての対価を押さえたいという風潮なってきている現在、どこの事務所もとても苦しい経営となっています。
1
pagetop