March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

杭工事データはちゃんと取れるものにしてくれ。

 建築物において基礎は建造物を支える大事な構造部分です。
杭はその基礎を支え、地盤にしっかりと力を伝達するために必要なもの。
この度の杭工事のデータ流用はその信頼性を損ねるとても残念なそして今後に大きな課題が生まれた事件だと思います。
しかも、初めの1件だけが特別な状況ではなくなり、そこらじゅうの建物の杭は全部あやしく思えてしまうくらいの衝撃です。

 基礎の設計の際、設計時にボーリング調査を行い支持地盤の位置を確認します。
規模が大きな建物なら、その調査も慎重かつ綿密に行われています。近隣建物データを見たり比較して、ある程度均等な地盤であれば設計通りの本数深さで今回のような問題が起こることはまず無いでしょう。
ただ、不均等地盤である場合は、設計時点で一点ごとに想定するのはやはり難しい事になる。極端な話、基礎の場所ごとにボーリング調査しないとわからないくらいである。一般的に設計時にそこまでするのは過剰で、地盤調査費用が高額になってもったいない話と言う考えになる。そこまで掛けず安全側に「想定」して設計するのである。そうすると、現場では地面に入りきらず少し残ってしまう。もう、これ以上入りませんとなるので杭の頭の切断等の処理をする事になるのです。不足の場合は追加してでも地盤と基礎を繋ぐのが基本です。(もちろん各種工法により方法は違います)
 でも、これには杭工事がきちんと行われているという前提がある。判断が難しい支持地盤の場合、今回の問題となっているようなデータに頼る事になるわけで、それがインチキであったら何を信用すれば良いのかわからない。

 下請けの代理人が適当な人だったとか言う話もあったが、そもそもどの段階までは元請け管理者側でチェックがされていたのか疑問が残る。下請け構造が問題とかいう話もあるが、専門工事の集合体として元請けがあるので下請けは必要なスタイルであります。
街の住宅工事ですら、専門工種の下請けは当たり前ですからこの辺は許容すべき。
ただ、下請け工事(専門工事)をみてチェックする体制に不備があった、もしくは専門過ぎて分からなかった。あるいは書類がそろっていればそれで良いと見逃す体質であったという事でしょう。そして、その専門業者もモラルが低かったという事になる。

 現場の確認ではいちいち根掘り葉掘り調べていたら工事は進みませんし、ものすごく経費がかかってしまう事でしょう。
また、中には「工事監理者」のチェックが甘いとかの話もあるが、施工データに流用があるとは思っていないからどうすれば良いのか。ここまでくると監理者もなんのためにいるのか疑ってしまう。
 私は設計者なので工事監理する立場であります。設計通りなのか確認するのですが、当然朝から晩まで全ての工程は見ていられないですし、工事によるが毎日も行かない。必要工種ごとに代表的な部分を抽出して確認し、次の工程への許可をする。見えない部分でも必要なものは写真や書類を提出してもらって再確認するわけです。現場の管理者からの報告を信頼しているのです。
 信頼関係も大事ですが、ただ信用しているのではなく、現場での出来事など話を色々したり、時には下請けとも話をして状況を聞く。計測など自分で確認した事など総合してチェックする。
 でも、、、意図的なデータ流用やごまかし、口裏合わせがあるとしたら、、、、成り立たないし、もはや犯罪だね、、、、。

まずは、自分の現場でデータを取るような工事がある時はまずは原本見せてもらうようにする他ないですね。
 正直言うと、、、「なんでそんな施工システムなのか」と言いたいですね。
ちょっとしたことでデータが取れないって何だろう。そこから改良してもらわないといけないですね。

建築行政に関するニュースについて

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150206-00000510-fsi-bus_all
こんなニュースありましたね。

 日本は海外に比べて新築が多いのは昔からだし、木造住宅が多い日本とそうではない海外との比較では文化が違うって言う事もある。

 そもそも建築分野でのCO2排出削減の面からも、中古を活用したいという方向になったと思われますが、中古住宅の流通のためは、空き家になる建物が再利用に耐えられるかどうかが大事だと思います。

 大量に建築されてきた時代とは要求される質も違い生活様式の変化もあるため、ストック活用の域まで行っていないという現実があると思います。費用の面で見たって、比較の上、結局は建て替えになる事が多いのです。対して、木材利用の推進事業という事もありますよね。
 でも、安ければ良いという考えで行くと同じ繰り返しとなると思われるし、施工者の技術力や知識も向上しなければならない。

 記事にある様に、中古向けの施策がもっと充実すれば活用される気もします。ただ、単なるエコ改修や、耐震改修へのポイント程度ではあまりメリットがないですよね。
 逆に、大規模リフォームともなると、断熱材や窓だけではなく一部構造、設備、電気も同時に更新することになるので、もはや骨組み以外は新築同様の工事が必要になる。そうなると当然建て替えの選択肢が出て来てもおかしくない。歴史的や、街並みを形成する上で残して再利用すべきと言う施策なら、拘束力もあるかも知れない。しかし一般的な住宅レベルでそこまでのどのくらいあるのだろうか。 やはり大量建設されてきた建物は更新されても仕方ないと思う部分もある。


 
JUGEMテーマ:ビジネス

工事監理者って何。

 設計事務所を運営していると、お客様からの質問として設計監理とは何かを聞かれることがあります。特に監理の方。
 何度説明しても、管理と監理の違いを分かってもらえないことが多く、費用の面でも理解して頂けないことが、稀ですがあります。工事関係者でも同じ感じです。
 少しでもわかって頂きたいと思いまして、また書いてみる事にしました。
 
まずは、「現場管理」 と 「工事監理」 、役割と立場が全く違うものです。

 現場管理とは簡単に言うと、工事を請け負った建設会社が工事を段取り良く施工するために現場を管理する事。

 工事監理とは、建設会社が設計通りの施工をしているか、適切な材料を使っているかなどを確認したり、また場合によって変更が必要な時などには協議をしたりする役割。



 一般的に建築工事現場では、職人さんが工種により日々入れ替わりますし、それを管理する現場の代表者が必要。それが現場管理者。工事現場を代表して誰かが現場管理人となります。現場代理人と呼んだりもします。この人は工事監理者ではありません。
 設計と施工を1社で行う会社のなかには、実質上、現場管理者が監理の役割もやっているかも知れないですが、多分確認申請書の書類上は違うはずです。書類を見ると分ります。
多分そういう建設会社の場合は、標準的な仕様があらかじめ決まっていたりしますので、特にそれでも問題は無いのだと思います。



例えば、ざっくりと 一つの仕事の流れで言うと


 
建設会社が、ある工種の施工の段取りを始める。
 ↓
現場管理者は、工程を考えて資材を発注したり、施工手順を考えて現場の職人に指示を出したいが、本当にその考えでよいか最終確認をしなければならない。
 ↓
施工に関する資料を作成し、工事監理者(設計者)に承認をもらって施工にはいる。
 ↓
工事監理者は設計内容に沿っているか判断しその結果を現場管理者へ連絡
 ↓
承認後工事に入る


 このような流れとなっているので、工事現場の代理人が、工事監理を兼務することは難しいと思うのです。
 兼務した場合、サンプルについては設計者を通さずお客様に直接確認し、現場では考えた施工方法を自分で承認するのですから判断はとても早いです。でも、もし設計意図と違っていたら気づくのが確実に遅くなりますね。その上、現場の工程簡略化や材料、職人さん手配の事に気を取られ、設計意図や、仕上げの雰囲気を汲んで頂けない事もあるでしょう。
 こういう事が無いようにするためにも設計者による工事監理は必要不可欠と私は思っています。
 もちろん、きっちりとその役割をこなしている建設会社さんもありますよ。ただ本来の立場や役割はこうですと言いたいだけなので、すみません。



 完成見学会を時々行いますが、そこには建築を考えている人だけではなく様々な人が訪れます。たまに出会いますが、話をしていて驚くこともあります。
 安くしたいあまりに間取りくらい自分で出来るので、自分で線を引いたという人とか、工事監理は無でいい、 なんて言っちゃう一般の人だって居りますから。でも、デッキのDIYでは済まない話なんです。人が住むので人命に関わりますから。
 こういう時は、頼まれた請負会社では設計料サービスという事で構造チェックしたりしている事でしょう。
 多分、いつかどこか見えない部分でしわ寄せがあるのではないでしょうか。


 


 監理の仕事--抜粋(住宅の場合)

1.基礎、躯体工事の確認
 鉄筋コンクリートで基礎をつくり、骨組みや主要構造部を建築する、住まいの品質の要となる工程において、図面と仕様表と照らし合わせながら、主要箇所ごとに専門的なチェックを行います。
 ・地盤確認
 ・基礎鉄筋の検査
 ・コンクリートの品質、強度の確認
 ・アンカーボルトの位置確認
 ・柱、梁などの材質確認、使用金物の確認
 ・行政への工事報告
 ・各種検査確認事項の建主の方への報告

2.検査への立ち会い
 地方公共団体によっては、一定の建物について法令に適合しているかどうかの中間検査が義務づけられていることがあります。(3階建ての場合、屋根工事完了時。木造3階建ての場合、外装工事完了時)。その場合に、申請書を作成し、現場にて立ち会います。

3.仕上げ工事、設備工事の確認
 外装の防水性能の確認をはじめ、次のような主要箇所ごとにチェックを行ないます。
 ・筋かい、間柱、床下地の確認
 ・防腐処理や、断熱材の確認
 ・屋根仕上げ、外壁仕上げの確認
 ・外部開口部(サッシ)の確認
 ・内部下地ボードの確認(厚み、耐火、耐水)
 ・設備配管、電気配線、配管の確認

4.工事状況の報告
 設計どおりに工事が行なわれているかどうか、施工者に指示または助言した内容について建主の方に適宜ご報告します。

5.内装確認
 床仕上げ材や壁仕上げ材などについて、建主の方にカタログやサンプルを提示し、最終確認したり、設備機器や照明器具、家具などを決めていただくための打ち合わせをしたりします。


※工事完了の際、工事完了検査申請書には、工事監理者によるチェックをしたことを証明する部分に印鑑を押す事になっています。
 アトリエdoorでは、各種検査に加え、工事期間中は、定期的に現場へ行き確認する事にしています。

設計事務所のお仕事

設計事務所、建築士 ってどういう仕事?

資格があれば報酬をもらって設計できるのか?

工事監理って何をするのか?

・・・etc

建築士制度普及協会と言うところで分かりやすくHPがありましたので紹介します。
大まかにいうとこのサイトの説明通り、結構参考になると思います。



間取りとは

唐突ですが、そもそも、「間取り」とはなんなのか

 住宅を設計する際の 「間取り」 ですが、間取りとは部屋の配置を表しています。Wikiなどで調べるとたくさん出てきます。 
 アパートやマンションでの暮らしをすると間取りが記号であらわされ、だいたいのイメージが浮かびます。1Kとか、2LDK、3LDKなどなど。
 私は大学時代は初めは6畳一間の下宿で、風呂トイレは共同でした。2年生の時に 1KでUBとWCが一緒のアパートに引越。就職して2LDK駐車場付の部屋に引越しし、その数年後に3Kの貸家に引っ越す。そして現在の家は木造2階建て3LDKです。なんか呪文のようですが、それでもなんとなく住環境が伝わるのが不思議。

 広さも  約10屬噺世Δ肇團鵑箸海覆い任垢、6畳くらいと言うと どのくらいかだいたい思い浮かびますよね。今までの生活経験からこれだけでどのような空間なのか想像ついてしまうのが日本の文化かもしれないですね。海外でも同じような指標があるのかは不明ですが、、、、

 ちなみに、私は、「間取り」と言うよりも 「プラン」と呼んだりすることが多いです。何となく「プラン」の方が空間的に立体的な感じがするからです。(個人的な意見)

 
 さて、前回のセミナーでは 土地の配置から考えた間取りのイメージを数パターンお話ししましたが、実際の設計ではそのようには簡単に配置できず試行錯誤の上プラン決定しています。

たとえば
 ・玄関の使い方
 ・リビングとダイニングの考え方
 ・キッチンと水廻りについて
 ・寝室と収納
 ・こども部屋の考え方
 ・和室の用途

大まかに考えてもこれだけの要素があります
さらに、その部分ごとにどう使いたいかを考えつつ、全体のバランス、ライフスタイルと矛盾しないか等順を追って考えて行く必要があります。

 設計者は 要望一つ一つがどう絡み合っていくのかを考えながら それぞれの設計者の視点から 「間取り」を解釈して空間を考えるので、どの設計者が考えても同じプランと言うの出来ないんですよね。似ているものはあると思いますが、、、  だからこそ、お客様にとっては相性が重要なのだと思います。

 気兼ねなく話が出来て、さまざまな要望を話し、設計者も要望丸呑みすることをせず、良し悪し含めてきっちり情報を伝える。そんな信頼関係の構築ができてこそ 「良い間取りつくり」=「家づくり」 につながるのかなと思っています

他にもいろいろ話したい所ですが、この辺で・・・。

設計事務所で住宅建築

唐突ですけど、住宅を建てるのにどのような頼み方があると思いますか?
最初はだいたい雑誌等で色々調べますよね。
その次は、実際に展示場や見学会等に行って依頼先を考えると思います。

依頼先の選択肢は、
 1、住宅展示場にあるハウスメーカー
 2、地元の工務店
少し空いて
 3、設計事務所

多くの方がこのように考えているようです。
だいたいの方は設計事務所に依頼すると言う選択肢は先に出てこないようです。

 設計事務所 = 普通の人には頼めないような高額な住宅のみ設計する

  と考えられているみたいで、
たまに、家を建てたいと思っているんですって言う人に会った時、 「あっ、うち設計事務所ですから相談に乗りますよ』 なんて言うと

「そんな、とんでもない!! 普通の家を建てるので、、、(汗) 」 ってなることがあります。

設計事務所と言うと、テレビでやってる  匠が出てくる (チャラチャラチャーン)という感じの番組のイメージか、
もしくは、金曜の早朝から一風変わった家をほめてくれる番組。「建物〇〇」って番組。 あのイメージでしょうか。
確かに、なんとなく一般的には頼めなそうですもんね。

設計事務所にもいろいろあるし、自分としては、もっと身近な存在でありたいと思っているのですが、なかなか伝わっていないようです。敷居が高い雰囲気なのかな。

設計事務所に相談する=超高い設計料が発生= 最終的にめちゃくちゃ高い家になる 
   と思われているのかな。それとも、
どこぞ知れぬ建築士 ==>> なんとなく怪しい  とかかな ・・・・・ 悩む。。。


そんなことで悩んでいる自分ですが、「設計事務所」の選択肢もあることを出来るだけ皆さんに分かりやすく伝えたいと思っています。家を建てたいと思いの皆さんどうぞよろしくお願い致します


でも、これ読んでる人は もう分かっている??

フラット35の金利優遇も前倒し

やはりと言う感じがします。

フラット35s の金利優遇が前倒しでの終了が決定。

23年9月末までの申し込までで終了となります
http://www.flat35.com/loan/flat35s/

フラット35sのほかにも、エコポイントなど住宅建設の底上げになってきた政策がありましたが相次いで、前倒しでの終了。理由としては、元々の予算が早めに無くなってしまうためのようです。
再延長もあるかなと思ったりもしましたが、やはり3.11の東日本大震災の復興のための予算が先決ですからやむを得ない所でしょうか。

他にも長期優良、太陽光、エコキュート、木材など、いろいろある補助金等がありますが、この流れでいくと増額は期待出来ない状況になるのでしょう。もしかすると次々終了となるかもしれません。

そうは言っても、ひと昔の金利からすればかなり低い状態が続いてますから、さまざまな補助金が無くても本当はかなりお得なご時世なんですよね。
12345>|next>>
pagetop